納税資金の確保 | 曽我税理士事務所|相続専門サイト

お電話でのお問い合わせは0210-251-204まで

納税資金の確保

納税方法の検討

■相続税の試算と納税資金

相続財産から納税資金が賄えるかを確認します。
相続財産が不動産を中心とする場合には、相続財産に自己資金を加算して納税資金に足りるか確認します。

事業用不動産担保の借入

■事業用不動産を担保として融資を受ける

現在保有されている財産を将来も継続して保有することを前提として試算します。
不動産の一部を法人名義に変更したり、第三者に処分するようなシミュレーションにつきましては別料金で行います。
要は、変動項目が多くなればなるほどパターンが多くなり、検討すべき要因も増えるため所要時間も多く頂戴することとなります。
ここまで踏み込んで事前準備すれば、様々な対策を打つことは可能となります。

生命保険の活用

■相続人名義の生命保険契約の活用

納税資金に不足を生ずる場合には、相続人ご名義で加入されている生命保険の契約者貸付を活用する方法も検討します。無担保でかつ保険会社への書類1枚で調達できるので、万一の場合の利便性は高いといえます。
一方で、金利は決して低くありませんので、納税後に時間をかけても不動産を処分して返済が難しい場合には、生命保険の補償を実質的に引き下げること(契約者貸付の返済を一定金額で止めること)で対応します。

お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る